デジサポ福島とは

福島県を含む東北3県の地上放送のデジタル化完全切替えは、東日本大震災の影響により全国的な移行日から約9ヶ月遅れて、平成24年3月31日に実施され、地上デジタルテレビ放送の難視対策は平成27年3月末をもって終了しています。
しかしながら、居住区域が災害対策基本法等の一部を改正する法律(令和3年法律第30号)による改正前の原子力災害対策特別措置法(平成11年法律第156条)に基づき、「警戒区域」「計画的避難区域」「帰還困難区域」「居住制限区域」「避難指示解除準備区域」「特定避難勧奨地点」又は「緊急時避難準備区域」(以下「規制区域」という。)に指定された場所に帰還される方のなかには、地上デジタルテレビ放送をご覧いただくための受信環境を未だに整えることができていない方がおられます。

「デジサポ福島」は、国の事業として、規制区域に帰還されるすべての皆様が、地上デジタルテレビ放送に適切に対応していくことを支援するために、平成27年4月、無線システム普及支援事業費等補助金により福島に設置されました。

具体的には、帰還世帯からの受信相談に対応するための体制を整備し、能動的な関係自治体等との情報交換や現地戸別訪問等を行うことにより帰還状況と要対策世帯数を把握し、技術的な検討を加えた上で最適な受信対策方法を検討し、すみやかに対策を実施することとしています。
また、対策が完了するまでの間は暫定的な方法により地上デジタルテレビ放送又は衛星放送を受信していただくこととしており、そのための事業も実施いたします。

加えて、アナログテレビしかお持ちでない世帯に対しても地デジチューナーを支給するなど、包括的な支援を行うことを目的としています。

デジサポ福島支援の内容

  • ◇ 地上デジタルテレビ放送の受信に関しての電話相談
  • ◇ 相談をいただいたご自宅に訪問して電波測定調査の実施
  • ◇ 地形の影響で地上デジタルテレビ放送が良好に受信できない難視地区への支援
    • ・高性能アンテナ対策
    • ・共同受信施設設置
    • ・ケーブルテレビや共聴施設などへの加入
  • ◇ 難視地区対策の工事が完了するまでの一時的(暫定的)対策
  • ◇ 集合住宅や受信障害対策用各種共同受信施設の改修・整備支援
  • ◇ アナログテレビしかお持ちでない世帯への地デジチューナー無償給付
    • ※平成27年4月1日以降に帰還する(帰還した)世帯が対象です。
  • ◇ 現在の受信設備では地上デジタル放送の受信が困難な世帯への改修経費支援
    • ※平成27年4月1日以降に帰還する(帰還した)世帯が対象です。
  • ◇ 助成金交付申請書等、提出までの支援
    • ※相談受付から支援完了まで、内容によっては期間を要する場合があります。
    • ※次に掲げる場合は、支援の対象外となります。
    • ・過去に国やデジサポから同様の支援を受けている世帯
    • ・アンテナ等の機器の経年劣化による受信不良
    • ・BS・CS放送や、県外の放送の受信
    • ・すでにご自身で対策工事を行い、地デジが視聴できる場合

支援の対象地域

  • 下記の原子力災害被災地域に帰還する(帰還した)方が対象です。
  • ◇ 広野町、楢葉町、富岡町、大熊町、双葉町、浪江町、飯舘村の全域
  • ◇ 田村市、南相馬市、川俣町などの一部地域
    • ※電波障害対策共聴地区などでは支援対象外になる場合があります。

支援対象となる規制区域一覧(すでに変更・解除となっているものを含む)

地上デジタルテレビ放送受信でお困りの方は 相談受付電話番号ナビダイヤル 0570-007-401 受付時間 9時~18時(土日、祝日、年末年始休業日を除く)※一部のIP電話などでナビダイヤルにつながらない場合は、024-525-8220へおかけください。

支援の条件

  • ◇ 自治体発行の「被災証明書」「罹災証明書」など、原子力災害被災地域に帰還された方で震災当時避難区域に居住されていたことが証する書類があること
  • ◇ NHKとの「放送受信契約」を締結していること

ページの先頭へ